エコテックス スタンダード 対応ラベル

エコテックス スタンダード 100 ( oeko-tex standard 100 )

清水ネーム株式会社では、繊維製品における国際的な安全規格として定められた「 エコテックス スタンダード 100 」対応の 織りネームタグ 、及び、 プリントネームタグ を製作可能です。繊維製品の安全規格として世界中で信頼される「 エコテックス規格 」を認証取得される製品には、同じく「 エコテックス規格 」に対応の ブランドラベル が最適です。「 エコテックス の商品企画」に対しては弊社へお問い合わせ下さい。

※弊社で生産可能な範囲は「 エコテックス スタンダード 100 対応 織りネーム 」、及び、「 エコテックス スタンダード 100 対応 プリントネーム 」になります(それぞれ仕様には制限があります)。製品そのものの エコテックス認証 についてはお客様で認証取得して頂く必要があります。

「 エコテックス スタンダード 」とは?

テキスタイル ・ エコロジー国際試験研究共同体(略して、 エコテックス )が、 ヨーロッパで創設され、共通規格「 エコテックス スタンダード 100 」を構築、 その規格を用いて人体に有害な物質の許容量を規定しました。日本では2000年3月、 (財)日本染色検査協会が加入し、認証の検査を行なっています。

「 エコテックス スタンダード 」の「 安全性 」

繊維製品の安全規格としてホルマリン残留度や発がん性、アレルギー性、 重金属などの項目で規制値に適合した素材に、認定証が授与されます。 業界自らが厳しい基準を持ち消費者保護に貢献します。

生産可能な エコテックス スタンダード 認証製品

エコテックス 対応 「 織りネーム 」

  • レピア織機 ・ ニードル織機 すべてに対応 (特殊な仕様を除く)

エコテックス スタンダード 対応 織りネーム の認定証

エコテックス 対応 「 プリントネーム 」

  • ポリエステル素材の一部、綿素材の一部、アセテート素材の一部 (いずれも特殊な仕様を除く)

エコテックス スタンダード 対応 プリントネーム の認定証

こんなブランドにお薦め

  • ベビー用衣料、幼児期に触れる繊維製品等
  • ぬいぐるみ、シーツ、パジャマ等
  • 安心を付加価値にした製品に。

お問い合わせと注意事項

本製品については弊社営業までお問い合わせ下さい。

注意事項

※ エコテックス スタンダード 認証製品にはお客様のエコテックス 認証番号が入ります。認証番号をお持ちでないお客様からのお問い合わせにはご返答できかねます。
※「 エコテックス規格 」そのもの、及び、製品全体に対する「 エコテックス認証 」については弊社ではお答えできません。

営業時間など

清水ネーム株式会社 サポート事業部 営業時間 平日 9時~17:30時(土日祝日は休業となります) ※営業時間外の受付はお返事に時間が掛かる事がございます。
※ご来社いただける際は必ず事前にご予約をいただけますようお願いいたします。

デオドラントネーム

デオドラントネーム ®とは

デオドラントネーム ® / deodrant-name(※1)とは、日本ダム株式会社(※2)の技術により実現した、優れた消臭効果を備えた機能性 ネームタグ です(実用新案登録済(※3))。その効果は「 アンモニア 」「 酢酸 」「 イソ吉草酸 」に起因する悪臭成分に対し効果があり、特に バッグ や ブーツ 、 スーツケース といった密閉された小空間で効果を発揮します。

デオドラントネーム ®は、お取扱の製品に「 付加価値 」として 消臭効果 を持たせるための最も 費用対効果 の高い手法の一つです。さらに、 デオドラントネーム ®にはあらかじめ印刷内容の設定された「 既製品 ( 規格品 )」も数種ご用意していますので版代や型代なしにスタートすることも可能です( オリジナルデザイン も可能です)。

  • (※1)デオドラントネーム ® は日本ダム株式会社の登録商標です。
  • (※2)日本ダム株式会社は 清水ネーム株式会社 の出資関連会社です。
  • (※3)実用新案登録第3100249号

※お問い合わせの際はli>注意事項を御確認下さい。

デオドラントネーム ®の特徴と性能

「 デオドラントネーム ® 」は近接空間の悪臭を吸収し、中和することにより臭気を軽減する「 無機物微粒子と銀成分 」を特殊な樹脂に練りこみフィルム化し、これを繊維ネーム裏面にラミネート処理したものです。微粒子にすることでガスとの接触面積を広め、また、樹脂内に均一に分布させ薄膜化したことで消臭性と柔軟性を同時に実現しています。さらに、フィルムに練りこまれた成分は高い耐洗濯性を維持することが可能です。

不快なニオイとは?

試験機関等では悪臭の消臭効果を評価するために表のような化学物質が用いられます。

デオドラントネーム ®は下表の「 アンモニア 」「 酢酸 」「 イソ吉草酸 」の悪臭成分に対し効果がありますが、中でも、生活悪臭において最も代表的とされる「 アンモニア 」に対し効果があります。

不快臭臭気成分
汗臭アンモニア、酢酸、イソ吉草酸
加齢臭アンモニア、酢酸、イソ吉草酸、ノナネール
排せつ臭アンモニア、酢酸、硫化水素、インドール
タバコ臭アンモニア、酢酸、硫化水素、アセトアルデヒド、ピリジン
生ゴミ臭アンモニア、トリメチルアミン、硫化水素

※「 アンモニア 」「 酢酸 」「 イソ吉草酸 」以外の 臭気成分 には効果を発揮しません。

試験結果に見る消臭性能

デオドラントネーム ®の消臭性能を、代表的な悪臭であるアンモニアで評価すると左図のようになります。デオドラントネーム ®が容器内のアンモニアガス(40ppm)を時間の経過とともに消臭しています。

アパレル 製品等品質性能対策評議会法準拠

5リットルのポリ容器中に1gの試料を入れ、所定濃度のガスを3リットル注入し、5分後・10分後・30分後・1時間後・2時間後のガス濃度を測定する。
ガスの種類: アンモニア (40ppm)

デオドラントネーム のアンモニア 消臭性能試験結果 を示すグラフです。
通常の ネームタグ ではボトル内のアンモニアが検知され黄色に呈色します。その結果写真です。

(写真上)通常の ネームタグ :
アンモニア が検知され黄色に呈色する。

デオドラント ネームタグ ではボトル内の アンモニア が検知されず元のピンク色のままで変化しないことを示す写真です。

(写真上)デオドラントネーム ®:
アンモニア が検知されず元のピンク色のままで変化しない。

試験結果に見る耐洗濯性

デオドラントネーム ®は優れた耐洗濯性を有しています。家庭用洗濯機で100回洗濯を繰返しても一般的に効果があるとされる 消臭率 70%以上を維持しています。

家庭洗濯機40℃水洗いによる洗濯。JIS L 0217 103法

JAFET準拠
5リットルのテドラーバッグに10X10cmの試料を入れ、所定濃度のガスを3リットル注入し、2時間後・24時間後の アンモニア濃度 を測定する。

デオドラントネーム の 耐洗濯性能 を示すグラフです。良好な耐洗濯性能を有します。

規格品について

デオドラントネーム ®にはあらかじめ機能表示を表示した規格品の ネームタグ があり、これを利用することで版代、型代などが不要になります。

  • 織りネーム タイプ 5種 、プリントネーム タイプ 9種 の合計14種の 規格品 がご利用になれます。
  • 規格品は版などは不要ですが常備在庫品ではありません。生産には 納期 が必要になります。
  • 規格品の仕様を変更することは出来ません。仕様を変更する場合は オリジナルデザイン をご指定下さい(版代、型代等が必要になります)

デオドラントネーム 規格品 の製品写真です。

こんなブランドにお薦め

  • スポーツバッグ 、 着替え入れ の「内側」に。
  • キャリーバッグ 、 トラベルバッグ 、 スーツケース の「内側」に。
  • ブーツ 等のシューズ内や、 シューズ 袋の「内側」に。
  • 付加価値として 消臭機能 を 安価 に加えたい製品企画に。

お問い合わせと注意事項

本製品については弊社営業までお問い合わせ下さい。

注意事項

※デオドラントネーム ®は優れた「 消臭機能 」をもちますが過度の「 消臭能力 」を期待されないようご注意下さい。開放空間へ向けての使用や、記載されていない成分の臭い(例えばタバコ臭や血液臭等)に対しては 消臭効果 を発揮しません。また、お客様の定める品質基準等がある場合、必ず試験を行ってからご採用くださいますようお願いいたします。評価用のサンプルは弊社営業までご依頼下さい。

営業時間など

清水ネーム株式会社 サポート事業部 営業時間 平日 9時~17:30時(土日祝日は休業となります) ※営業時間外の受付はお返事に時間が掛かる事がございます。
※ご来社いただける際は必ず事前にご予約をいただけますようお願いいたします。

金モールワッペン

金モールワッペンとは

エンブレム(紋章)は、中世ヨーロッパの貴族が由緒ある家柄や、伝統、権威などを象徴するために用いた標章で、そのデザインには王冠や獅子、武具などが好んで用いられました。そういった紋章を衣装につける際に金モールが多く使われ、現在でも使用されるエンブレムの原型が生まれたといわれています。 各種大会、クラブ等で用いられる金モールワッペンは金属コイルを手作業で刺繍している緻密なアイテムです。手作業ですので刺繍機を使った刺繍や、高周波ワッペンのような細かさはありませんが、その「本物らしさ」は長い歴史の重みから来ていると言っても過言ではないでしょう。 弊社では、小ロットからお客様の格式にふさわしい金モールワッペンを作成させて頂きます。

清水ネームの特徴

金モールは紋章のデザイン(神話獣と盾とバナーと月桂樹)でなくてはならない?そうでなくてもかまいません。金モールにはゴールド、シルバーの金属コイル以外にもブラック、レッド、グリーン、パープル等のカラーや、ツヤ有り、ツヤ無の区別、また太さにも種類があります。清水ネームは直接海外の生産地と打ち合わせすることで作りたいデザインを制作することができます。また、清水ネームはレピアワッペン(織りネームタグ)等の生産も行っており、こういった製品との組み合わせ製品も生産することができます。プレミアムな大会などの際にご検討下さい。

金モールワッペン製作について

デザインの選定について

デザインは次の方法でご指示いただくことが可能です。但し、金モールワッペンはかなり太い金属糸を手作業で刺繍することから細かいデザインには適しません。弊社には多数の製作事例がございますのでそれらをご参考にデザインをご選定いただくことをお勧めいたします。

  1. お客様からイラストレータデータなどでデザインをご支給頂く方法
  2. デザインをご支給頂く際は、「細かすぎないように」ご注意ください。金属コイルには太さがあるため、無理に細かいデザインにするとその良さを損なうことになります。また、小さな日本語表現はかなり無理を生じるためお避け下さい。デザインによっては複雑な部分は刺繍にし、刺繍と金モールの複合デザインなどをご提案させて頂くことがあります。

  3. 弊社で用意する雛形を元に文字部分などを入れ替える方法。
  4. 過去の製作例等を元に、文字などを入れ替える方法となります。大体のイメージを元に入れたい文字、またはロゴをご指示いただければ製作可能です。

  5. お客様から頂くある程度の方針を元に、弊社でデザインを起こす方法。
  6. お客様側でデザインができなくても、ある程度のデザイン方針、入れたい文字、またはロゴをお客様のご希望としてご提示いただければ弊社よりデザインそのものから提案させて頂きます。なお、お取引実績によってデザイン提案は有償となることがあります。その場合、事前にお見積書をお送りいたしますのでご確認のうえ、ご依頼下さいますようお願いいたします。なお、デザイン料金が発生する場合、量産をご発注いただいた際に量産代金よりデザイン料金相当額を差し引かせて頂きます。

金モールワッペン製作における注意事項

金モールワッペンの製作においては次の点にご注意下さい。

  1. 納期について
  2. 納期は数量、および受注状況によって異なりますが、おおむね4~6週間以上必要になります。インド、もしくはパキスタンでのハンドメイド生産につき、納期は常に余裕をもってご依頼下さい。特に大会などで使用する日が決まっている場合、早めにご相談くださいますようお願いいたします。現地情勢によって、あるいは通関においてやむを得ず納期が遅れることがあります。最善は尽くしますがこの点ご了承くださいますようお願いいたします。

  3. 品質について
    • 複数人数による手作業のため、製品にはバラつきが生じます。
    • サイズの小さな文字列は多少判読しにくくなることがあります。
    • ベースカラーや刺繍において、日本製等に比べ染色の色ブレがあるため再発注の際は多少色味が異なることがあります。
    • ピンにおいて使用に差し支えない程度の曲がりがある場合があります。
    • 金モールワッペンは厚みがありますが、製造に接着剤を使用しています。生産直後は溶剤のにおいが強いことがあります(時間とともに緩和されていきます)。
    • 安全ピン、タックピンの取扱には怪我をしないよう慎重にお取扱願います。

こんなお客様にお薦め

  • スポーツ大会で着るブレザーに。
  • クラブのメンバー共通のエンブレムに。
  • 演劇、舞台衣装に。

裏面:クラッチピン(バタフライピン)

埋め込んだ針と、それを受ける金具のセットとなります。金モールワッペンのサイズが6~9cm程度のサイズであれば通常3つのキャッチピンを使用します。金具には金色と銀色がありますが、在庫状況によって色指定は出来ない場合があります。

  • 特に指定が無い場合、ピンの数はサイズに応じて弊社にて必要な本数を選定させて頂きます。
  • 1本ピンはワッペンが回転することが無いようなデザインに限ります。
  • スプリング内臓タイプのタイタックピンも使用可能ですが価格は高くなります。

 

裏面:クリップ

ピンは取り外しが大変、という場合にはクリップが使用可能です。このクリップはマネークリップの様な形状になっていて、ポケットに差し込んで使用します。

  • ポケットに差し込むので、金モールワッペン上端位置はポケット上端よりも高くなります。
  • 薄手のポケット生地や分厚すぎるポケット生地の場合は脱落しやすくなったり差し込みにくい場合があります。
  • 脱落を防止する機構はありませんので動きや生地厚、差込向きによっては脱落する可能性があります。

 

化粧箱

贈呈などの場合には箱をご用意することが可能です。箱は一般的なサイズ、仕様向けに作られていますので場合によっては特注品になる場合があります。

 

お見積り依頼について

お見積もりは無料です。弊社では個人様に対しても分かりやすいお見積書を発行させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。お見積もりをご依頼いただく場合、下の「金モールワッペンの見積もりフォーム」よりお問い合わせいただくようお願いいたします。なお、弊社では見積もりをお送りした後(お客様側がお急ぎで至急確認事項を連絡する必要があるなどの場合を除き)売込み活動などは行っていません。
お見積もりあたり下記ご了承くださいますようお願いいたします。

  • 口頭でのお見積もりは致しかねます。もし提示した場合でも、有効なお見積になりません。
  • デザインによって価格は変化致します。デザイン未定のお問い合わせは想定デザインにてお見積もり致しますがデザインによっては生産不可能な場合、または再見積もりが必要になる場合があります。
  • お見積もり記載の有効期限を過ぎた場合、再見積もりが必要になる場合があります。

お見積もりフォーム(金モールワッペン)

※他の製品のお見積もりはそれぞれの製品のページの専用お見積もりフォームをご利用ください。
※ご依頼前に「特定商取引に関する法律に基づく表記」を必ずお読みください。

※メンテナンス中

営業時間など

清水ネーム株式会社 サポート事業部 営業時間 平日 9時~17:30時(土日祝日は休業となります) ※営業時間外の受付はお返事に時間が掛かる事がございます。
※ご来社いただける際は必ず事前にご予約をいただけますようお願いいたします。

シリコンワッペン・PVCワッペン

シリコンワッペン・PVCワッペンについて

シリコンワッペンはアウトドアブランドやスポーツブランドによく使用されるワッペンで、ブランドネームタグとしての使用の他、ファスナー引き手等にもよく用います。

シリコンワッペン・PVCワッペンの特徴

シリコンワッペンは金型にシリコンを流し込むことによって生産するタグです。流し込む素材にはシリコンの他PVC(塩ビ)もあります。プリントネームで使用するシリコンインクで印刷する手法と異なり、ほぼ垂直に近い状態で凹凸をつけることが可能です。本ページでは比較的小さなブランドタグのみを掲載していますが、色々なサイズや色彩、立体形状が生産可能です。

シリコンワッペン・PVCワッペン特徴

シリコンワッペンは金型にシリコンを流し込むことによって生産するタグです。流し込む素材にはシリコンの他PVC(塩ビ)もあります。プリントネームで使用するシリコンインクで印刷する手法と異なり、ほぼ垂直に近い状態で凹凸をつけることが可能です。本ページでは比較的小さなブランドタグのみを掲載していますが、色々なサイズや色彩、立体形状が生産可能です。

シリコン(マイクロファイバーベース)

シリコンワッペンの特徴はシャープなエッジにあります。このシャープなエッジを繊細なマイクロファイバー生地上に製作することにより小さくても存在感のあるブランドネームタグを作成することが可能です。縫製がしやすいことも特徴の一つです。

  • 変形形状も可能です。
  • 色はPantoneSolidCoat等で指定下さい。
    (近似色となります)
  • 生地色は既製色となります。
  • ゆるい凸形状や段差等も可能です。
シリコンワッペン(マイクロファイバーベース)の生産例写真です。ロゴを立体的に表現することができます。

シリコン(シリコンベース)

  • レピアワッペン
  • シリコンロゴをシリコンベースの上にレイアウトしたものです。マイクロファイバーベースに比べると全体的にコシが出ますのでよりアウトドア的なイメージになります。本製作例の様に裏面に面ファスナー(マジックテープ)のフック面をつけることも可能です。

    • 変形形状も可能です。
    • 色はPantoneSolidCoat等で指定下さい。
      (近似色となります)
    • ゆるい凸形状や段差等も可能です
    シリコーンワッペン(シリコンベース)の製作写真です。立体的なロゴが似合うブランドや企業ロゴには最適です。

    特殊な形状

    シリコンワッペンの型は「パターン」では無く金型を使用します(たい焼き型をイメージするとよいと思います)。その為円柱状や涙滴型といった立体形状も可能です。パイピングに這わせる形状や、金属線を埋め込んでファスナーの引き手等にすることも可能です。

    シリコンタグ特殊な形状の生産例写真です。円柱状等の形状も可能です。

    表現の種類

    シリコンロゴはかなり細かい線、文字も表現可能です。逆に太く厚めにすることも可能です。また、非常に細い隙間をはさんで別の色を入れる事も可能です。

    • あまり込み入ったデザインは隅までシリコンが入り込まないことがあります。細かいデザインのときは早めにデザインをご提示下さい。
    • 細い線の場合、あまり高くすることは出来ません。
    • 金銀はまだらになる可能性が高いので原則として避けてください。
    シリコンワッペンの詳細部分の例として拡大した写真となります。

    お見積り依頼について

    お見積もりは無料です。弊社では個人様に対しても分かりやすいお見積書を発行させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。お見積もりをご依頼いただく場合、下の「シリコン・PVCワッペンの見積もりフォーム」よりお問い合わせいただくようお願いいたします。なお、弊社では見積もりをお送りした後(お客様側がお急ぎで至急確認事項を連絡する必要があるなどの場合を除き)売込み活動などは行っていません。
    お見積もりあたり下記ご了承くださいますようお願いいたします。

    • 口頭でのお見積もりは致しかねます。もし提示した場合でも、有効なお見積になりません。
    • デザインによって価格は変化致します。デザイン未定のお問い合わせは想定デザインにてお見積もり致しますがデザインによっては生産不可能な場合、または再見積もりが必要になる場合があります。
    • お見積もり記載の有効期限を過ぎた場合、再見積もりが必要になる場合があります。

    お見積もりフォーム(シリコン・PVCワッペン)

    ※他の製品のお見積もりはそれぞれの製品のページの専用お見積もりフォームをご利用ください。
    ※ご依頼前に「特定商取引に関する法律に基づく表記」を必ずお読みください。

    ※メンテナンス中

    営業時間など

    清水ネーム株式会社 サポート事業部 営業時間 平日 9時~17:30時(土日祝日は休業となります) ※営業時間外の受付はお返事に時間が掛かる事がございます。
    ※ご来社いただける際は必ず事前にご予約をいただけますようお願いいたします。

    FAQ よくあるご質問

    FAQ よくあるご質問

    ここではよくある質問をまとめました。ここに記載の内容は予告無く変更することがあります。また、製品仕様や受注内容によってはここに記載の内容が適合しないこともあります。あくまでも参考程度にして頂くようお願いいたします。

    全体的な内容について

    個人でも発注できますか?

    個人様でも御発注いただけます。弊社では、はじめての個人様も含め、毎日多数のブランドネームを生産しています。弊社の分かりやすい対応は、お問い合わせいただければすぐ実感して頂けると思いますので是非お気軽にお問い合わせ下さい。

    打ち合わせは可能ですか?

    • ご来社いただける場合、ご予約いただければ対応可能です。
    • 出向いてのお打ち合わせは原則として行っていません。

    最小の発注数量はどのくらいですか?

    最小ロットは各製品のページに記載しています。それより少ないご発注も可能ですが、発注総額は殆ど差が無い場合があります。

    納期について

    至急品(短納期)対応は可能ですか?

    標準目安納期は各製品ページに記載していますが、それより短納期で製作できることもあります。但し、至急のお問い合わせはそもそもご発注内容に問題があるケースが多く、トラブルが多いのも事実です。お急ぎの場合は下記の手順を御確認下さい。

    • そもそも可能な納期かどうか、事前にご相談下さい。
    • 弊社では毎日数多くの打ち合わせを行っています。リアルタイムでお客様のご要望に応えられるわけではありませんので余裕をもってお問い合わせください。
    • 受注生産品につき、ご入金確認後の生産になります。その為には弊社から「見積書兼発注書」を送付させて頂く必要があり、その為には全ての未決事項が解決されている必要があります。
    • 弊社から送付するメールは必ず添付ファイルも含め内容を御確認下さい。連絡がつかない場合、短納期対応はたとえ途中であったとしても取りやめさせて頂く事があります。

    見積もりについて

    見積もりは無料ですか?

    お見積もりは無料です。

    見積もりはすぐに出ますか?

    お見積もりは出来るだけ早くお送りいたしますが、次のようなお見積もり依頼は多少お時間が掛かります。順番にお送りいたしますのでお待ちくださいます様お願いいたします。

    • 見積もりの仕様のパターンが複数ある場合(例:サイズ違い、テープ違い等の仕様違いなどが含まれる場合)。
    • 未定項目が多いもの、または、デザインや仕様上、注意点が多い内容の場合。
    • サイズの大きなものやデザインの複雑なもの、もしくは加工工程の多いもの等。
    • お問い合わせが非常に集中している場合。
    • お客様の問い合わせに疑問点や不明点、矛盾点等(データ比率の違いなど含む)がある場合。
    • お客様が複数の名義やメールアドレスを使用されている場合やメールタイトルや本文が空欄、あるいは内容が不明もしくはわかりにくい場合。

    ※受注生産品にはそのデザインや仕様によって注意点などが異なります。未定項目が多いもの(特にデザインが未定で複数の仕様の見積り依頼のあるものなど)はお見積もりに時間がかかります。

    見積もりが届きません。

    届かない場合、以下のことが考えられます。お手数ですがご連絡下さいますようお願いいたします。

    • 弊社より見積もりメールは送付済みでも、お客様側のスパムフィルターなどで隔離、又は削除されている場合。
    • ご記入いただいたメールアドレスが間違っている場合。
    • 見積もりに必要な情報が不足している場合、弊社からメールで不足内容について問い合わせメールを送付させて頂きますが、ご返信が無い場合。
    • お客様からのメールのタイトルが空欄だったり、署名が無い、添付ファイルが実行形式などの理由で弊社側のスパムフィルターで隔離、又は削除されている場合。

    見積書が開けません

    弊社では非常に多くのお客様に対してお見積もりを送付していますが、お客様からのお問い合わせに迅速に対応するため、弊社から送付する見積書類に「長めのファイル名」をつけています。稀にこれが原因でPDFファイルが開けない、ウィルスと警告される事があります。そのような場合はJPEG画像、もしくはFAXにてお見積書を再送させて頂きますのでお手数ですがご一報くださいますようお願いいたします。

    電話で価格を教えてほしいのですが?

    原則としてお電話では価格はお伝えいたしておりません。また、仮にお伝えした場合でも弊社からお送りする書面での見積書の無いものは有効なお見積書にはなりません。よりベストな提案をさせて頂くためにも書面でのお見積書をご要求下さいますようお願いいたします。

    価格リストはありますか?

    受注生産品につき、価格リストはご用意しておりません。都度、お見積もりさせていただきます。

    サンプルについて

    サンプルを送ってほしいのですが。

    お客様のデザインでの試作サンプルは有償となります。もしお客様のデザインではなく、生地見本、紙違い、織り方の違い等による製作例サンプルであれば、以下の点をご了承いただける場合に限りメール便等でお送りさせていただきます。

    • ご検討後郵送にてご返却いただけること。
    • 過去にお送りしている見本がある場合、それをご返却いただいていること。
    • 見当違いのサンプルを送ることを避けるため、有る程度の方向性を示して頂けること(「全種類」等のお問い合わせはお受けできません)。

    なお、お送りしたサンプルは記録しています。さらに詳しく知りたい場合はその内容をお教え下さい。

    ※お問い合わせ内容、もしくは弊社判断によってサンプル問い合わせに対応しない場合があります。この場合ご返信も致しません。悪しからずご了承ください。

    発注について

    発注の仕方はどのようになりますか

    受注生産品につき、個別にお見積もりが必要になります。また、ご入金確認後の生産となります。

    • お問い合わせ頂いた内容に対し、見積書を送付いたします。
    • 仕様、金額などが決まった段階で見積書兼発注書を送付いたします。
    • ご入金確認後生産に取り掛かります。

    掛売りは出来ますか

    企業規模に応じご相談させて頂きますが、小規模なお問い合わせについてはご入金後の生産となります。

    直送は出来ますか

    可能ですが、正しい指示をお願いいたします。直送先の指示間違い(特に縫製工場が都度変わる場合等)による商品の紛失や未着については弊社では責任を負いかねます。

    製品仕様関連

    色指定の仕方がわかりません

    各製品によって既製色があったり、構造上表現不可能な色彩・色域があります。まずはお客様が表現したい色を下記の方法にてお教え下さい。その色に近い提案をさせて頂きます。例えば「ピンク」や「データのCMYK値」でのご指示は、必ずしも弊社とお客様が同じ色彩を見ているとは限りません。モニタやプリンタが正しい色を表示しているとは限りませんし、「ベージュっぽいピンク」や「サーモンピンクに近いピンク」等、少しの差が異なる印象を持つ色もあります。その為、以下の方法をお勧めいたします。

    • Pantone SolidCoated、DIC等の市販されている色見本調の番号でご指示下さい。
    • 30mm角以上有るプリントアウトや色見本をお送り下さい。その際「思いつく色名」を添えて下さい。

    納品はどのような包装ですか?

    製品仕様によって異なりますが、おおむね次の内容が目安になります。

    • 織りネーム、プリントネームではすぐ使用できる状態で一定枚数ごとに個袋入されています(ロール仕上げ等除きます)。
    • 下げ札では一定枚数ごとに束ねられています。

    下げ札の印字は頼めますか?

    条件はありますが可能です。条件は主に次のようなものです。

    • 印字対象は弊社で生産手配した下げ札に限ります。
    • 下げ札は一旦全数お買い上げいただきます。
    • 継続してお取引があるお客様の場合、お買い上げいただいた札を弊社にて預かり在庫させて頂くことも可能ですが、保管期限は設定させて頂きます(期限後は未印字で納品)。

    既製品のタグの縫いつけ加工(もしくはタグの付け替え)は可能ですか?

    条件はありますが可能です。条件は主に次のようなものです。

    • 縫い付けるネームタグは弊社で生産手配した製品に限ります。
    • ご支給頂く製品(Tシャツ等)によっては縫い付け不可能、もしくは付け替え不可能な製品があります(例えばミシンが入らない等)。その為、付け替え内容を事前にご相談下さい。特に付け替えの場合、ネームタグの仕様によって付け替え可能になったり、逆に不可能になったりする場合があります。その為、縫いつけ加工も想定されている場合、ネームタグの御発注前にご相談くださいますことをお勧めいたします。
    • 付け替え用のご支給製品の状態、ご支給形態、万一の縫製ミス、実際に縫製段階になっての想定外の項目など、追加請求が発生する場合、各種注意事項、免責事項等がありますので、御発注前に各種条件をご確認いただきますようお願いいたします。

    営業時間など

    清水ネーム株式会社 サポート事業部 営業時間 平日 9時~17:30時(土日祝日は休業となります) ※営業時間外の受付はお返事に時間が掛かる事がございます。
    ※ご来社いただける際は必ず事前にご予約をいただけますようお願いいたします。

    ワッペン

    ワッペンについて

    ワッペンといえば刺繍ワッペンがポピュラーですが、それ以外にも表現力の高いレピアワッペンや、よりスポーティーなイメージを持つシリコンやウレタンを使用したワッペン、また、本革や合成皮革をしたもの等様々な種類があります。清水ネーム株式会社では豊富な生産手法の中からお客様のイメージにあったワッペンを製作致します。

    • 製作手法によって最小ロット、目安納期等は異なります。各製作手法の項目を御確認下さい。
    • 国内生産も海外生産も可能です。ロットと納期にあわせて臨機応変な対応が可能です。
    • 一つのデザインを複数の技法で生産する場合、割安になります。

    お客様のイメージをお聞かせ下さい

    このページに掲載しているワッペンの製作例は一例です。ご希望があれば他の仕様もご提案させて頂くことも可能です。その際は見当違いの提案を避けるため、以下の項目をお教えいただきます様お願いいたします。

    • デザイン
    • ブランドのイメージ、用途
    • ご希望の生産ロット(例:500~1000枚等)
    • 納期が短い場合は納期

    ワッペンの種類と特徴

    刺繍ワッペン

  • 刺繍ワッペン
  • フェルトやエンブクロス(刺繍調クロス)等の生地に刺繍ミシンでロゴを描くワッペンです。

    • 針を刺してロゴを作るため、表現できる精度に限度があります。あまり小さいデザイン、文字、文様は表現できません。
    • 円のようなデザインは放射状に糸を飛ばすためきれいに表現できます。スパンコール刺繍も可能です。
    • どちらかといえば厚みがあり、糸が集中する場所は固めになります。条件にもよりますが製品に直接刺繍することも可能です

    こんな用途に最適

    • 小ロット品に最適。チームワッペン等に。
    • ジャケット、キャップ、バッグなどのワンポイントに。
    • Tシャツ、トートバッグなどの直接刺繍に。
    • ロット:10個~ 納期:約10日~ 法人・個人様向け
    刺繍ワッペンの生産例写真です。刺繍糸は非常に多くの色があります。

    レピアワッペン

  • レピアワッペン
  • 刺繍ではなく、織りネームやプリントネームに対し、裏張り、型抜きなどの方法でワッペン形状に仕上げる手法です。

    • 刺繍に比べ、格段に細かい表現、小さなサイズのワッペンが製作可能です。
    • 刺繍同様、オーバーロック、ホットメルト、ピン付け等も可能です。
    • 織りネームベースの場合、円のようなデザインはタテ糸とヨコ糸の交差で表現されています。その為、刺繍には無い織物生産上のゆがみが生じます。

    こんなブランドにお薦め

    • 精細、シンプル、軽やか、文字列の多いデザインに。
    • 胸元、袖口等の小さいワンポイントに精細なデザインを入れたい場合。
    • 数量が多ければ刺繍ワッペンより安価になることも。
    • ロット:100個~ 納期:約2~3週間~ 法人・個人様向け
    高密度レピアワッペンの生産例写真です。刺繍よりも細かく繊細なワッペンを作るのに適しています。

    樹脂含浸パルプワッペン(ヒップパッチ)

  • 樹脂含浸パルプワッペン
  • デニムのポケット部分などについているパッチラベルです。プリントネームの部類に入りますが比較的安価にカジュアルな雰囲気を出すことが可能です。ポケット部分以外でも使用可能です。

    • プリントの為、細かいグラフィックの表現も可能です。
    • 広範囲な印刷はこすると色落ちします。
    • 切り口がほつれないためカットしたまま使用可能です。
    • 薄いためシャープなイメージを表現可能です。細巾も可能です。
    • 洗い加工や、使用に伴って、より雰囲気が出ます。

    こんなブランドにお勧め

    • ヒップパッチ、デニム製品のラベルとして。
    • ハードなイメージのブランドタグとして。
    • ロット:100個~ 納期:1週間~10日程度 法人・個人様向け
    ヒップパッチラベルの生産例写真です。使うほどに雰囲気が出る点も魅力の一つです。

    シリコン、PVCワッペン

  • シリコン、PVCワッペン
  • シリコン、PVC、あるいはポリウレタンワッペンはスポーティーなアイテムによく使用されるワッペンで、それぞれ異なる質感を持ちます。ブランドタグのみならず、ファスナー引き手等にも使用可能です。

    • マイクロファイバー生地+シリコンロゴでシャープな表現が可能です。
    • 透明、半透明、不透明、印刷、高周波成型等様々な技法が可能です。
    • シリコンはテープ上にも印刷可能です(プリントネーム)。

    こんなブランドにお勧め

    • スポーツアパレルのアクセサリーに。
    • ジャケットシューズ、バッグ、小物類に。
    • ロット:300個~ 納期:3~4週間~ 法人・個人様
    シリコンワッペンの製品見本です。マイクロファイバーベースのものはとても繊細な印象を持ちます。

    本革、合成皮革ワッペン

  • 本革、合成皮革ワッペン
  • 本革、もしくは合成皮革に焼き、または、型押ししたワッペンとなります。印刷との組み合わせも可能で、本革については革の種類もご選択いただけます。極少ロット、もしくは極小ロゴのものは型の不要なレーザー加工することも可能です。

    • 革にはバラつき、色むら、傷があります。
    • 革、合皮への焼き、レーザー加工は加工後強いにおいがあります。時間の経過とともに薄れますのでご留意下さい。

    こんなブランドにお勧め

    • ジャケット、バッグ、家具等のブランドタグに。
    • ファスナー引き手などに。
    • ノベルティとして革、合皮製品の後加工名入に。
    • ロット:300個~ 納期:2週間~ 法人・個人様
    • (レーザー)ロット:1個~ 納期:2週間~
    革ワッペン、合成皮革ワッペンの生産例写真です。素材によって出方やロットなどにも差が生じます。

    高周波ワッペン

  • 高周波ワッペン
  • シルバー、ゴールド等の金属調ロゴからマット質感表現まで。高周波で成型することで立体的なロゴを作成可能です。印刷やホログラム調フィルムなどの使用も可能で、ミシン縫い付けの他、強力なシール仕上げで車両等の外装に使用することも可能です。

    • 腐食金型、彫刻金型のいずれも生産可能です。腐食金型は安価で金属感のあるロゴが製作可能です。
    • 柔軟性のある素材のため、緩やかな曲面でも設置可能です。

    こんなブランドにお勧め

    • モータースポーツ、エクストリームスポーツ等のカスタムパーツエンブレムに。
    • 警備会社、制服、クラブなどのエンブレムに。
    • ロット:1,000個目安~ 納期:4週間~ 法人様限定
    • ※お見積もりにはデザイン、用途、サイズが必須となります
    ポリエステルサテンを使用した洗濯絵表示の生産例写真です。もっともよく使用される衣類用の表示ラベルです。

    お見積り依頼について

    お見積もりは無料です。弊社では個人様に対しても分かりやすいお見積書を発行させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。お見積もりをご依頼いただく場合、下の「ワッペンの見積もりフォーム」よりお問い合わせいただくようお願いいたします。なお、弊社では見積もりをお送りした後(お客様側がお急ぎで至急確認事項を連絡する必要があるなどの場合を除き)売込み活動などは行っていません。
    お見積もりあたり下記ご了承くださいますようお願いいたします。

    • 口頭でのお見積もりは致しかねます。もし提示した場合でも、有効なお見積になりません。
    • デザインによって価格は変化致します。デザイン未定のお問い合わせは想定デザインにてお見積もり致しますがデザインによっては生産不可能な場合、または再見積もりが必要になる場合があります。
    • お見積もり記載の有効期限を過ぎた場合、再見積もりが必要になる場合があります。

    お見積もりフォーム(ワッペン総合)

    ※他の製品のお見積もりはそれぞれの製品のページの専用お見積もりフォームをご利用ください。
    ※ご依頼前に「特定商取引に関する法律に基づく表記」を必ずお読みください。

    ※メンテナンス中

    営業時間など

    清水ネーム株式会社 サポート事業部 営業時間 平日 9時~17:30時(土日祝日は休業となります) ※営業時間外の受付はお返事に時間が掛かる事がございます。
    ※ご来社いただける際は必ず事前にご予約をいただけますようお願いいたします。

    洗濯絵表示 ( 品質表示 )

    洗濯絵表示ネーム(洗濯タグ)

    繊維製品を日本国内で販売する場合、「家庭用品品質表示法」及び「不当景品類及び不当表示防止法」によって、品質等を表示しなくてはなりません。洗濯絵表示はブランドネームタグに比べ、地味で、面倒な副資材の一つですが、重要かつ無くてはならない副資材でもあります。清水ネーム株式会社では洗濯絵表示を小ロットから製作いたします。

    洗濯絵表示(洗濯タグ)とブランドネームの違い

    洗濯絵表示はブランドタグと異なり、「印字内容が多種」「印字内容が記号と文字が多い(つまりデザイン要素より表記内容が優先されることが多い)」という傾向があります。その為、1種類あたりの生産枚数が数千枚以上ある場合を除き、版を必要としない「インクリボン式の熱転写印字機」で印字することが一般的です。印字機は印刷と比べ次のような特徴があります。

    • プリントネームと比べると表現精度は非常に低くなります。
    • 使用可能なテープは4種に限られます。
    • 印字できる色は黒、赤、白(テープが黒のときのみ)に限られます。
    • ストレートカットのみで折り曲げ加工は出来ません。
    • 1種あたりの生産数量が多い場合はプリントネームの方が安価になります。

    2016年12月1日以降にのみ販売する製品について絵表示記号の規格が変更になります。

    洗濯絵表示に使用可能な生地と特徴

    洗濯絵表示に使用可能な生地は次の4種です。

    ポリエステルサテン(白)

    もっとも一般的な絵表示用の素材となります。

    • ソフトな生地となります。
    • 切り口はほつれますので縫いこんで使用して下さい。
    ポリエステルサテンを使用した洗濯絵表示の生産例写真です。もっともよく使用される衣類用の表示ラベルです。

    ナイロンタフタ

    表面をコーティングした、パリパリした紙のような素材となります。

    • コーティングしている分少し固めの生地となります。
    • 切りっ放しで使用可能です。
    ナイロンタフタを使用した洗濯絵表示の生産例写真です。切りっぱなしで使用することができます。

    ポリエステルサテン(黒)

    サテンの黒テープとなります。印字は白のみとなります。

    • 転写リボン白を使用しますが、グレーっぽくなります。(真っ白にはなりません)
    • 文字は少し大きめにする事を推奨致します。
    • ソフトな生地となります。
    • ドライクリーニング耐性が低くなります。
    • 切り口はほつれますので縫いこんで使用して下さい
    ポリエステルサテン(黒)を用いた洗濯絵表示の製作例写真です。印字は真っ白にはならずグレーっぽくなります。

    コットンタフタ

    コットン系の素材にほつれ止め加工した生地となります。

    • 多少リボンの引き跡(線状の筋跡)が残る場合があります。
    • きりっぱなしでも使用可能ですが、多少ほつれる場合があります。
    • 巾32mmのみとなります。
    熱転写印字洗濯絵表示にコットンタフタ(綿タフタ)を使用することもできます。その生産例写真です。

    洗濯絵表示ネームの参考価格(熱転写印字の場合)

    テープ材質ポリエステルサテン(白または黒)、ナイロンタフタ、コットンタフタ
    サイズ全長100mm程度まで。巾約32mmと約16mmは同価格。
    色数黒と赤バツの2色(サテン黒の場合は白のみ)
    仕上形態ストレートカットのみ
    100枚1枚@60円
    300枚1枚@29円
    500枚1枚@20円
    1,000枚1枚@12円
    3,000枚1枚@7円
    5,000枚1枚@6円
    版代不要
    備考以下の内容が同じ場合は複数の種類でも合計枚数による単価となります。
    ・生地種類、生地色、生地巾、カット長さ、表示者名が同じ。
    ・各種類の最少枚数が5枚以上。
    ・イラストレータデータの場合10種まで(それ以上は別途お見積り)。
    ・CSVデータの場合50種類程度まで(それ以上は別途お見積り)。
    ※但しいずれも標準様式に比べ複雑なものは別途お見積りとなります。
    例)綿100%が215枚、綿50%ポリエステル50%が80枚、ポリエステル100%が5枚、合計300枚の場合は1枚@29となります。
    • 上記のサイズ、配色、数量、価格などの各明細はあくまで一例です。
    • 織りネーム等、洗濯絵表示以外をご発注頂いたお客様には、より安価な価格をお見積もり致します。
    • 上記金額のほかに、送料および消費税が別途必要となります。
    • 印字内容が1種に付き5000枚以上ある場合は、プリントネームの方が安価になります

    納期について

    納期については受注状況にもよりますが、再発注品(同内容)については最短翌日出荷、新規発注品については受注日を除き3営業日~で出荷が目安となります。但し、受注が集中している場合、種類が多い場合、ご支給データに文字数オーバーがある場合等調整を必要とする場合はそれ以上に必要になることがあります。特に、以下の様な場合、納期が長くなる傾向がありますのでお早めにご発注予定内容をご提示下さいますようお願いいたします。

    • レディース等で上下セットになっている場合等。
    • ISO表記、英語表記などがある場合。
    • 輸入品等で製品種が多数ある場合。
    • データ以外でご支給の場合。

    洗濯絵表示の表示内容(印字内容)について

    繊維製品を日本国内で販売する場合は、「家庭用品品質表示法」及び「不当景品類及び不当表示防止法」によって、 製造業者、販売業者又は輸入業者は、次の事項を分かり易く表示しなければならないことになっています。その為、輸入品等で日本法定表示を満たさないケアラベル(例えばISO/英語表記)が付いていたとしても、日本の法定表示は必要になります。繊維製品の種類にもよりますが、一般的な衣料品の場合は次の項目の表示が必要になります。

    • 組成表示:綿100%等、繊維の名称と混率の表示です。
    • 洗濯記号:手洗い30、塩素サラシ禁止、アイロン高温、等の絵表示記号です。
    • 事業者及び連絡先:製造業者(又は販売業者、輸入業者)の氏名(社名)と住所(又は電話番号)。
    • 原産国:日本製等(※家庭用品品質表示法ではなく、景品表示法で必要になります)

    絵表示の図柄は、衣服の素材、作り方、装飾付属品などによって内容が決まります。 その図柄の適否については製造者が責任を負うことになっており、 商品を製造、販売していない当社が判断できる内容ではありません。 従いまして、図柄と付記用語の選択に当たってご相談はお受け致しますが、 最終的にはお客様の責任において ご決定下さるようお願い申し上げます。

    なお、表記方法に不明な点などがある場合は「消費者庁 表示対策課(家庭用品品質表示担当窓口)」で問い合わせを受け付けています。 参考リンク(別ウィンドウが開きます)

    お見積り依頼について

    お見積もりは無料です。弊社では個人様に対しても分かりやすいお見積書を発行させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。お見積もりをご依頼いただく場合、下の「洗濯絵表示(品質表示)の見積もりフォーム」よりお問い合わせいただくようお願いいたします。なお、弊社では見積もりをお送りした後(お客様側がお急ぎで至急確認事項を連絡する必要があるなどの場合を除き)売込み活動などは行っていません。
    お見積もりあたり下記ご了承くださいますようお願いいたします。

    • 口頭でのお見積もりは致しかねます。もし提示した場合でも、有効なお見積になりません。
    • デザインによって価格は変化致します。デザイン未定のお問い合わせは想定デザインにてお見積もり致しますがデザインによっては生産不可能な場合、または再見積もりが必要になる場合があります。
    • お見積もり記載の有効期限を過ぎた場合、再見積もりが必要になる場合があります。

    お見積もりフォーム(洗濯絵表示、品質表示)

    ※他の製品のお見積もりはそれぞれの製品のページの専用お見積もりフォームをご利用ください。
    ※ご依頼前に「特定商取引に関する法律に基づく表記」を必ずお読みください。

    ※メンテナンス中

    営業時間など

    清水ネーム株式会社 サポート事業部 営業時間 平日 9時~12時、13時~17:30時(土日祝日は休業となります) ※営業時間外の受付はお返事に時間が掛かる事がございます。
    ※ご来社いただける際は必ず事前にご予約をいただけますようお願いいたします。

    ペーパータグ(下げ札)

    ペーパータグ(下札)について

    ペーパータグ(下げ札)は商品のイメージを印象付ける大切なアイテムの一つです。もし、売り場で商品を買う際に下げ札が無かったり、無地札に値段シールだけ貼ってあった場合、購買者が受ける印象はどのようなものになるでしょうか。清水ネーム株式会社では小ロットでもお客様のブランドイメージ向上につながる下げ札を提案、生産させて頂きます。

    • 印刷方法によって最小ロットは異なります。印刷方法(印刷手法)の項目を御確認下さい。
    • 条件によっては品質印字、バーコード印字等も承ります。

    「紙」と「印刷手法」について

    下げ札には様々な仕様がありますが、大きく分けると「紙の質感」「印刷方法」そして「加工」が主な項目となります。それぞれの項目の概要を下記に記載していますが、ロットによって最適な方法が異なることがあります。お問い合わせいただく際は表現したいデザインと数量をあわせてご提示いただけますとよりよいご提案をさせて頂くことが可能です。

    下げ札に適した用紙の種類と特徴

    ペーパータグ(下げ札)に用いる紙の種類は非常に多くあります。一般的に、通常の紙と比較すると、紐やLOXで吊ることから少し厚めのものが多くなっています。ここでは参考としてイメージ別で8種のタイプに分類いたしました。この8種以外のイメージや、重複するイメージでも作成可能ですのでご希望のイメージをお教え下さい。

    ナチュラル系、ボール紙系

    自然で柔らかな質感を持つ紙や、ケナフのような非木材素材、マットでカッチリした厚紙系、その他、ラフなクラフト系等があります。ナチュラル系はカジュアル系のみならず、雑貨や高級ブランドにも多く用いられます。ナチュラル系は綿や麻など吊糸の選択も重要な要素の一つです。

    タフでラフな雰囲気や、エコなイメージまで多彩な用途に使用されるナチュラル系及びボール紙系のペーパータグ製造例写真です。

    ブラック・ホワイト系

    モノトーン系の紙はブランドのジャンルを問わず、最も定番の一つです。 一口に白黒といっても銘柄によってザラツキ感や繊細さ等において違いがあります。白系は繊細さやシンプルさを求めるブランドイメージのアピールに、黒系は金銀や黒等の箔押しによって高級感を表現する等の方法がよく用いられます。

    白黒下札の生産例写真です。ブラックタグやホワイトタグは通常のオフセット印刷の他、箔押しや部分光沢等、多くの表現方法を用います。

    カラーカード(色紙)系

    紙自体に色がついた用紙の内、比較的色数が多いものを指します。選択可能な色や紙厚、また、質感、光沢感、価格については各紙銘柄によって異なります。カラーカードにご希望の色が無い場合は白紙に全面印刷する等の方法も可能です。

    色紙系の下げ札の生産例写真です。ポップな色彩のみならず、パステルカラーや生成調まで数多くの用紙ラインナップがあります。

    エンボス、ラフ系

    紙にエンボス(凹凸加工)のある用紙です。エンボスの種類は数多くあり、イメージによって使い分けます。エンボスには特に目立った方向性の無いものもありますが、一部には目(方向)があるものもあります。

    深い凹凸から細いラインの様な模様、生地の様な質感等。こういった模様を持つ紙を使った下札の生産例写真です。

    厚紙、合紙、特殊系

    厚紙は人気のある仕様のひとつです。元から厚い紙を使用する他、紙を張り合わせる(合紙)ことも可能です。単に厚みを増やすだけでなく、例えば、表はエンボス紙、裏面は印字用にコート紙といった方法も製作可能です。

    厚みのある紙銘柄の他、複数の紙を合紙して下札を作成することができます。そういった厚紙、合紙系の生産例写真です。

    メタリック系

    金銀パールの様な光沢感をもったものや金属風の紙の他、鏡面調の紙等があります。中にはカラーが比較的多いものや、独特の魅力的な質感を持ったものもあります。金調の紙に艶ありや艶なしの金箔押し等もよく用いる手法の一つです。

    金色や銀色、パールカラーの下げ札の生産例写真です。とても商品に映える下札は商品をより高級に見せることができます。

    印刷方法(印刷手法)の種類と特徴

    下げ札の生産にはいくつかの印刷方法が用いられます。それぞれに特徴があり、これらを組み合わせて生産することも可能です。
    ※デザインや数量、使用用紙種類によって適さない組み合わせがありますので詳しくは見積もり依頼で御確認下さい。

    オフセット印刷系

    平版(オフセット)を用いて印刷する方法で、最も標準的な下げ札印刷方法となります。版を使用するタイプと使用しないタイプがあり、それぞれ特徴があります。一般的に紙より濃い色の印刷に使用します。白引きや部分光沢も可能です。

    • 版を使用するタイプ:推奨ロット1000枚~
    • 版を使用しないタイプ:推奨ロット300枚~
    • 納期:約1週間~
    • 紙色より薄い印刷色には適さない場合があります。

    オフセット印刷の生産例写真です。淡色の紙には定番の手法で、版を使用するタイプと版レスのタイプがあります。

    箔押し(ホットプレス)、型押し

    箔押し(ホットプレス)は薄い箔リボンを熱で転写する方式です。箔と言えば、一般的には箔は金や銀を思わせますが、白や黒等の通常色もあります。型押しは下げ札に凹みをつける方法です。

    • 推奨ロット:1000枚~
    • 納期:約10日間~
    • 細かすぎるデザインには適しません。
    • ツヤ有金銀、ツヤ消金銀の他、紙同色等が定番手法となります。

    この製作例写真の様に、定番の金銀箔押し以外にも白や赤、紙色同色の箔押しもよく用いる手法です。

    スクリーン印刷系

    孔版を用いて印刷する方法でインク量が多く、暗色の紙に明色をきれいに表現することが出来ます。なお、ロゴが白などの場合、デザインによっては箔押しの方が安価になることがあります。

    • 推奨ロット:1000枚~
    • 標準納期:約10日間~

    スクリーン印刷を用いた下札の生産例写真です。印刷色が白や赤の場合、箔押しの方が安価になる場合があります。

    UV印刷、盛り上げ印刷

    UV硬化インクを使うタイプの印刷方法になります。スクリーン印刷系と版レスオフセット系があり、スクリーン印刷系の方が高価ですが効果は高く、透明を印刷しても非常に印象的な仕上がりになります。オフセット系はスクリーンUVよりも安価にできますが、スクリーンUV程の盛り上がりはありません。しかし、細線などのデザインがある場合は繊細な仕上がりにすることができます。

    • 推奨ロット(スクリーンUV):1000枚~
    • 推奨ロット(版レスオフセットクリア盛上印刷):300枚~
    • 標準納期(スクリーンUV):2週間~
    • 標準納期(版レスオフセットクリア盛上印刷):10日間~

    UV硬化インクを使用した下札の生産例写真です。透明印刷でも大きなインパクトが得られます。

    表面加工、その他加工、特殊な手法の例

    同じ紙、印刷方法を使用する場合でも、表面加工によってイメージは変わります。下げ札において最も基本的な加工は光沢加工、もしくは艶消加工といえるでしょう。そのほか、形状型抜き、ハトメ打ち、糸付け、折曲、両面テープ付け加工などアパレル用途向けの内職加工も可能です。

    表面加工(光沢、半艶、艶消)

    下げ札の表面に光沢を与えたり、艶消にしたりする加工で塗布系とフィルム系があります。下札表面加工は下げ札の見た目の印象を変えるだけでなく、印刷面積が多い場合にインクを保護する目的や、フィルム系の場合には下げ札強度を高めたり、折曲加工に伴う印刷割れを防止する目的がある場合もあります。また、印刷方法によっては艶の有無を部分的に加工できる仕様もあります。 なお、紙の質感を生かす場合は表面加工はしない事が多いです。

    • 同じ艶消でも種類があり、用紙や印刷によっては適用できない組み合わせがあります。
    • 部分クリア(部分光沢)は用紙、及び、印刷方法に制限があります。

    型抜き加工、筋押し加工

    型抜き加工はデザインに応じた抜き刃を作成し 、これをもって変形形状の下げ札を作成する方法です。変形下げ札以外でも、例えば断裁出来ない様な小さな下げ札(ピアス用や宝石用の下げ札など)にも抜型を使用します。その他、折曲加工、筋押し加工等も行うことが出来ます。なお、印刷方法と形状、数量によっては多数有る有型が使用できる場合があります。その場合金型代が不要になります。

    • 抜き刃には種類があり、精度やコストが異なります。変形形状のお問い合わせには形状と数量目安をお教え願います。
    • 納期:2週間~

    糸付け加工、樹脂パーツ付け加工

    糸なしでの納品も可能ですが、糸付けも可能です。糸には種類がありますので別途ご選択下さい。機械付けできない糸付けは手加工で行いますので納期に余裕を見てください。高級品向けにロゴ入り樹脂パーツの製作、取り付けも可能です。また、ニットピン等も手配いたします。

    • 手付けになる例(一例)
      短い、または長すぎる糸長さ、太い糸、コーティングしてある糸、穴に糸を一本通して結ぶ以外の結び方、ハトメ類が有る場合、標準以外の穴位置、小さいまたは大きすぎる下げ札。二つ折り、または変形形状の下げ札。

    ハトメ打ち、内職加工

    糸付けを除く代表的な内職加工として、ハトメ打ち、折り曲げ加工、両面テープ貼り等があります。 両面テープ貼り加工は例えばスペア生地、スペアボタン袋等を製作する際に必要になります。 そのほか箱組みなども可能です。

    • 納期:要確認

    お見積り依頼について

    お見積もりは無料です。弊社では個人様に対しても分かりやすいお見積書を発行させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。お見積もりをご依頼いただく場合、下の「ペーパータグ(下げ札)の見積もりフォーム」よりお問い合わせいただくようお願いいたします。なお、弊社では見積もりをお送りした後(お客様側がお急ぎで至急確認事項を連絡する必要があるなどの場合を除き)売込み活動などは行っていません。
    お見積もりあたり下記ご了承くださいますようお願いいたします。

    • 口頭でのお見積もりは致しかねます。もし提示した場合でも、有効なお見積になりません。
    • デザインによって価格は変化致します。デザイン未定のお問い合わせは想定デザインにてお見積もり致しますがデザインによっては生産不可能な場合、または再見積もりが必要になる場合があります。
    • お見積もり記載の有効期限を過ぎた場合、再見積もりが必要になる場合があります。

    お見積もりフォーム(ペーパータグ、下げ札)

    ※他の製品のお見積もりはそれぞれの製品のページの専用お見積もりフォームをご利用ください。
    ※ご依頼前に「特定商取引に関する法律に基づく表記」を必ずお読みください。

    営業時間など

    清水ネーム株式会社 サポート事業部 営業時間 平日 9時~17:30時(土日祝日は休業となります) ※営業時間外の受付はお返事に時間が掛かる事がございます。
    ※ご来社いただける際は必ず事前にご予約をいただけますようお願いいたします。

    プリントネームタグ

    プリントネームについて

    プリントネームとは「テープ状の素材にさまざまな手法でブランドロゴを<印刷>するブランドタグ」と言うことができます。清水ネーム株式会社では一般的な素材テープ、及び、印刷手法による製作はもちろん、織りネームとの組み合わせなど特殊な方法も対応可能です。

    • オリジナルのデザインでも100枚よりご発注いただけます。
    • デザイン、色彩、仕様によっては表現不可能なものや価格が大きく異なるものがあります。

    「テープ素材」と「印刷方法」について

    プリントネームの雰囲気は、使用するテープによって大きくイメージが変わります。例えば、同じ白色のテープに黒色のロゴ印刷をしたものでも、使用するテープ素材によって「チープ感を演出すること」も「繊細さを押し出すこと」も可能になります。お問い合わせの際はそういったイメージもあわせてお教えいただけると、より最適なご提案をさせて頂くことが可能です。

    テープ素材(マテリアル)の種類と特徴

    プリントタグでよく使用するテープには次のようなものがあります。テープはそれぞれ種別によって使用できる巾、また、印刷適正、加工適正、既製色選択肢が異なります。価格もまちまちですのでそれぞれお見積もりさせて頂きます。また、本ウェブサイトに記載されていない特殊なものについても内容をお教えいただければ対応可能な場合もございます。

    化学繊維系(ポリエステル等)

    ポリエステルサテン、タフタ、ツイルに代表されるテープ素材で、安価な仕様から高級感あるもの、豊富な既製色が選択可能なもの等、多岐にわたる選択肢があります。ヒートカットやレーザー加工も可能です。中でも、ポリエステルサテンは最もポピュラーな素材ということが出来ます。

    ポリエステル等一般的素材を使用したプリントネームの写真。サテン、タフタ、ツイル、ヘリンボーン等多彩です。

    天然繊維系(綿、麻混紡、シルク等)

    綿ローンに代表されるコットン系、リネン混紡系、絹などの素材があります。いずれも強いナチュラル感が特徴となります。天然繊維系はヒートカットすることが出来ないため、カット部分(スリット素材については巾を構成する部位を含め)にほつれが生じやすい等び注意点があります。

    綿や麻混紡、絹などのプリントネームタグの製造例写真。ナチュラルな質感に最適です。

    メタリック系(金銀パール調等)

    化学繊維系の材質の中にはメタリック、金銀パール調のものもあります。織りネームや印刷金銀で表現する金銀に比べ、非常に繊細な表現が可能なものが多くあります。キラキラしすぎない方がよい場合はサテン系の金茶等選択肢もあります。
    ゴールドやシルバー等のテープにもプリント可能です。繊細で高級な質感に最適なプリントネーム仕様です。

    シースルー系

    オーガンジー、ジョーゼット等の透け感のある素材を選択することが可能です。また、非常に細い糸を織った上品な素材もご用意しています。 透け感、繊維材料、印刷適正などは素材によって差がありますのでお問い合わせ下さい。
    極薄の素材をはじめとしたシースルー系のプリントラベルの製造例写真です。

    その他特殊な素材

    ヒップパッチやカジュアル向けに、ウェスタンクロス、ウォッシャブルペーパーといったパルプ系の素材もご用意しています。その他、テープ生地としては販売されていない生地に対する印刷や、テープ自体をオリジナルで織る等の手法も可能です。

    エコロジー系(オーガニック等)

    オーガニックコットン(有機栽培綿)テープや、リサイクルPET系などをご選択することが可能です。オーガニックには認証の有無による違いがあります。また、リサイクル素材の中には艶の少ないウルトラスムースな表面質感を持つものもあります。

    印刷方法(印刷手法)の種類と特徴

    プリントネームタグでよく使用する印刷手法には次のようなものがあります。それぞれの印刷方法には特徴があり、どれが一番よいか、どれが一番安価といえるかは一概に言えません。もしよく分からない場合は「どんな用途に」「どんなイメージで」「何を重要視するか」をお教えいただけばご提案させて頂きます。

    スクリーン印刷

    スクリーン版(孔版)を使用して印刷する手法で、もっとも一般的な手法の一つになります。表現精度も高く、色もはっきり出すことが出来ます。

    • 版が必要です。
    • 印刷面積が多くなるとタグが硬くなります。
    • 一部のコーティング生地、オーガンジー素材等乾かない素材、もしくは穴のあいた素材には対応できない場合があります。
    • 印刷金、印刷銀も使用可能ですが堅牢度は悪くなります。

    シルクスクリーンを使用して印刷する生産例写真です。表現制度や色表現に優れます。

    凸版印刷(シーリングプリント)

    大型のスタンプのようなイメージで凸版をテープに押し付け印刷する手法です。表現精度はかなり高いほうですが、スクリーン印刷と比べるとインク量が少なめになります。その為素材になじみやすく、ナチュラルな感じになります。

    • 版が必要です。
    • 生地色の影響を受ける為、印刷色より濃色の生地には適しません。
    • 多少薄めに印刷され、黒や濃色の場合は目立ちます。
    • 印刷金、印刷銀も使用可能ですが堅牢度は悪くなります。

    凸版(とっぱん)プリントネームタグの生産写真です。生地になじんだ表現が可能です。

    昇華転写印刷

    オンデマンド印刷手法の一つで多色小ロット等に適します。

    • 版を使用しないため版代が不要。
    • 特色印刷は使用できません。
    • 印刷金、印刷銀は使用できません。
    • テープ素材はポリエステル素材に限ります。
    • 製法上、若干のにじみが発生するため細かい文字列には適しません。
    • タグに直接アイロンを当てないでください。

    シリコン印刷

    透明や既製色のシリコーンインクを印刷する手法です。

    • 版が必要です。
    • 通常の印刷と組み合わせて印刷可能です。
    • テープによってシリコン印刷に適さないものがあります。
    • 厚盛も可能です(デザインによります)。
    • 納期長めになります。

    インクジェット印刷

    オンデマンド印刷手法の一つで多色小ロット等に適します。

    • 版を使用しないため版代が不要。
    • 特色印刷は使用できません。
    • 印刷金、印刷銀は使用できません。
    • 納期長めになります。
    • 製法上、若干のにじみが発生するため細かい文字列には適しません。
    • タグに直接アイロンを当てないでください

    その他特殊な印刷

    箔を用いた印刷、発泡印刷等、豊富な印刷方法に対応しています。お問い合わせください。

    折曲加工の種類と寸法指定の仕方(プリントネーム)

    弊社では通常、プリントネームをすぐ使用できる形状に加工した状態で納品致します。折曲加工には主に次のような方法があり、それぞれの折り曲げ方で寸法の指定の仕方が異なります。プリントネームにおいては見た目のタテとヨコの寸法のでは無く、テープ巾と仕上長によってサイズを指定して頂きます。特にCF(二つ折り)は縫い込み代を仕上長に含みますのでお間違えの無いよう寸法をご指定くださいますようお願いいたします(デザイン対象外には加工目印などが入りますのでご注意下さい)。

    EF(両端折曲加工)

    両端を折り曲げるもっとも基本的な折曲方(カットアンドフォールド)手法の一つです。

    • (1)テープ巾と(2)仕上長をご指定ください。
    • 折り曲げ部分(図で裏側に曲げられている部分)はデザイン対象外となります。

    エンドフォールド加工と呼ばれる両端を折り曲げる加工の図解です。

    CF(二つ折り曲げ加工)※ピスネーム

    二つに折り曲げるもので縫い代部分を挟み込んで使用します。製品に後付加工する場合はマンハッタン折りをご検討ください。

    • (1)テープ巾と(2)仕上長をご指定ください。
    • 仕上げ長には縫込み代を含みます。
    • 広げた状態の図もご提示願います。
    • 縫込み代部分はデザイン対象外となります。

    センターフォールド加工と呼ばれる二つに折り曲げる加工の図解です。

    SC/SHC(ストレートカット)

    単にカットするだけです。化学繊維系は通常ヒートカット、天然繊維系は常温カットとなります。常温カットはテープにほつれ留め加工がされていない場合、ほつれが生じますのでEFなどをご検討下さい。

    • (1)テープ巾と(2)仕上長をご指定ください。
    • 加工目印が多少残ることがあります。
    • 切り口部分に紋糸が見えることがあります。
    • 淡色のタグは溶かして切る際に色が多少つくことがあります。

    折り曲げることなくまっすぐ切るだけのカット加工の図解です。シンプルですが注意点を図示しています。

    MHF(マンハッタン折り加工)

    CFにかぶせのフタがついたような折曲加工です。表面からカット面が見えないため、既製品の後付加工等に適します。

    • (1)テープ巾と(2)仕上長をご指定ください。
    • 仕上げ長には縫い代を含みます。
    • 広げた状態の図もご提示願います。
    • 縫い付け時の位置はタグ上端から2~3mm程度を想定ください。

    マンハッタンフォールドと呼ばれる折り返し付二つ折曲加工の図解です。既製品のタグの付け替えに最適です。

    BC(ブックカバー折り加工)

    EF加工(両端折曲)したものをさらにCF加工(二つ折り)したものです。この加工はCF加工部分が手加工になります。 袖や裾(すそ)部分等生地の端に挟みこんで使用します。

    • (1)テープ巾と(2)仕上長をご指定ください。
    • 混雑状況によって納期長めに掛かる場合があります。
    • 手加工を含むため、前後の長さには若干の誤差があります。
    • 広げた状態の図もご提示願います。

    本のカバーの様に両側に折り返しの付いた二つ折曲加工の図解です。加工的にはEF+CFとなります。

    MIF(マイター折り加工)※舟形

    EFとは異なり、吊り下げ状に縫い付ける用途のタグになります。構造上、テープ巾の太いタグには使用できません。

    • (1)テープ巾と(2)仕上長をご指定ください。
    • 折り曲げ長さ及び角度は多少の誤差を生じます。
    • 一部裏面が見えますので片面サテンの様な表裏の質感が異なるものはその点ご留意下さい。

    マイターフォールドと呼ばれる両端を上に折り曲げた折曲加工の図解です。レディースに特に多く見られます。

    レーザーカット

    レーザーで指定の形状にカットする手法です。三角形や星型等のほかに、ファスナー引き手に用いる等の用途にも使用可能です。

    • テープによっては伸びによる誤差がありますので余り細かいロゴとレーザーによるカットラインの組み合わせはお勧めできません。また、ヒートカットできない素材には使用できません。納期長めに掛かりますのでお急ぎの際はお早めにご相談くださいますようお願いいたします。

    ロール納品

    一定の巻き数でロール状にして納品する方法です。ラッピングリボンやサイズネーム、テープ使いする場合等に用います。

    • ラッピング等の場合、メンコ板の有り無しも可能です。
    • 発泡インクのラッピングリボンも生産可能です。

    お見積り依頼について

    お見積もりは無料です。弊社では個人様に対しても分かりやすいお見積書を発行させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。お見積もりをご依頼いただく場合、下の「プリントネームの見積もりフォーム」よりお問い合わせいただくようお願いいたします。なお、弊社では見積もりをお送りした後(お客様側がお急ぎで至急確認事項を連絡する必要があるなどの場合を除き)売込み活動などは行っていません。
    お見積もりあたり下記ご了承くださいますようお願いいたします。

    • 口頭でのお見積もりは致しかねます。もし提示した場合でも、有効なお見積になりません。
    • デザインによって価格は変化致します。デザイン未定のお問い合わせは想定デザインにてお見積もり致しますがデザインによっては生産不可能な場合、または再見積もりが必要になる場合があります。
    • お見積もり記載の有効期限を過ぎた場合、再見積もりが必要になる場合があります。

    お見積もりフォーム(プリントネーム)

    ※他の製品のお見積もりはそれぞれの製品のページの専用お見積もりフォームをご利用ください。
    ※ご依頼前に「特定商取引に関する法律に基づく表記」を必ずお読みください。

    ※メンテナンス中

    営業時間など

    清水ネーム株式会社 サポート事業部 営業時間 平日 9時~17:30時(土日祝日は休業となります) ※営業時間外の受付はお返事に時間が掛かる事がございます。
    ※ご来社いただける際は必ず事前にご予約をいただけますようお願いいたします。

    織りネームタグ

    織りネームについて

    清水ネーム株式会社は創業以来50年余にわたり織りネームの制作に携わってまいりました。弊社は、織ネームやプリントネームをはじめとしたブランドネームタグは「ブランドホルダー様やデザイナー様の製品の価値を高める大切なアイテムである」と考えております。ロゴが入っていればいいという考えではなく、質感やイメージを含めお客様のご希望に沿った製品を提案させて頂きます。

    • オリジナルのデザインでも100枚よりご発注いただけます。
    • デザイン、色彩、仕様によっては表現不可能なものや価格が大きく異なるものがあります。
    • 最新の織機から旧型の織機まで数多くの織機からご提案いたします。

    「織り方」と「折り曲げ方」について

    織ネームは基本的に膨大な数のタテ糸にヨコ糸を織ることで生地および紋(ブランドロゴ)を表現しますが、このときの経糸(タテ糸)と緯糸(ヨコ糸)をどのように織るか(どのように糸を交差させるか)で雰囲気の異なったネームタグを作ることが出来ます。たとえば平織り(タフタ織)、朱子織(サテン織)、綾織(ツイル織)はこれらタテ糸とヨコ糸の「織り方」いわば設計図が異なると言えます(この設計図が型(パターン)となります)。

    対して、「折り曲げ方」とは、織りネームは織り上げた段階では連続したテープ状になっていますが、これを熱処理等の加工を経た後一枚ずつカット、および、折曲加工を行うことを指します。折曲加工とはいわばタグをつけるときの形状ということが出来ます。この折り曲げ方はタテ糸の方向に強く関係しています。 ネームタグの寸法の指定の仕方には特徴がありますので、間違い防止のため寸法指定の仕方をご参考にされてください。

    高密度織(ハイデンシティ)

    タテ糸に対し、より多くのヨコ糸を打ち込む(織り込む)仕様で一般的に細かい表現に適します。密度にはグレードがあり、細かさと織ネーム自体の寸法によって大きな価格差が生じます。段階的に細い糸を使用しますので色によっては選択できない場合があります。

    高密度(ハイデンシティ)織ネームタグの製造例写真。非常に高精細で高い質感の仕上がりです。

    平織(ひらおり)

    もっともベーシックな織りかたで織りネームの基本ともいえます。シンプルで素朴な質感はクラシックな雰囲気やビンテージ感の表現に最適です。平織でなくては表現できない味わいがあり現在でもファッションシーンに欠かすことのできない組織です。紋色(ロゴ色)が地色よりも濃色の場合、タグ裏側を走る裏糸の影響が大きくなります。

    平織(タフタ)織りネームタグの製造例写真。クラシックで懐かしい質感はすべての織りネームの基本です。

    朱子織(しゅすおり)

    地色にサテン調の光沢があるため、高級感のあるレディースやフォーマル、スーツ、ドレスシャツ等を中心によく用いられます。朱子織りは他の織り方に比べタテ糸の影響が強いため、地色に選択できる色彩には大きな制限があります。

    朱子織りネームタグの製造例写真。サテンならではの上質な光沢感が高品位なブランドに最適です。

    裏朱子織(うらしゅすおり)

    朱子織の裏側にロゴを組み込むことにより朱子とは反対にヨコ糸の影響が強い織りかたとなります。地色に選択できる色彩は平織りに比べても多くなりますが構造上の制約があり、デザインによってはいくつかの注意点があります。

    裏朱子(リバースサテン、またはバックサテン)の受注生産例写真。朱子とは全く異なる質感を持ちますが注意点も多い通好みの組織です。

    ベタ織

    ベタ織りはベースとなる織りかた(平織りや朱子織)の地色部分を別の色糸を使って多いつぶすような織り方となります。その分厚みが出来、他の要素にもよりますがカジュアルな雰囲気に近くなります。また、カラーバリエーションが組みやすいのも特徴となります。

    ベタ仕様の受注生産例。カジュアル製品やカラーバリエーションに最適です。

    綾織(あやおり)

    綾織はタテ糸とヨコ糸の交差を1x2、1x3等のパターンで織る方法で地組織部分に綾目(斜紋)と呼ばれる斜めの文様が出る特徴があります。全体的にざっくりとした雰囲気になります。

    綾織(ツイル)織りネームタグの受注生産例。斜めの地文様が特徴的です。

    折曲加工の種類と寸法指定の仕方

    弊社では通常、織ネームをすぐ使用できる形状に加工した状態で納品致します。折曲加工には主に次のような方法があり、それぞれの折り曲げ方で寸法の指定の仕方が異なります。織りネームにおいては見た目のタテとヨコの寸法のでは無く、織巾と仕上長によってサイズを指定して頂きます。特にCFは縫い込み代を仕上長に含みますのでお間違えの無いよう寸法をご指定くださいますようお願いいたします。

    EF(両端折曲加工)

    両端を折り曲げるもっとも基本的な折曲方(カットアンドフォールド)手法の一つです。

    • (1)織巾と(2)仕上長をご指定ください。
    • 折り曲げ部分(図で裏側に曲げられている部分)はデザイン対象外となります。

    エンドフォールド加工と呼ばれる両端を折り曲げる加工の図解です。

    CF(二つ折り曲げ加工)※ピスネーム

    二つに折り曲げるもので縫い代部分を挟み込んで使用します。製品に後付加工する場合はマンハッタン折りをご検討ください。

    • (1)織巾と(2)仕上長をご指定ください。
    • 仕上げ長には縫込み代を含みます。
    • 広げた状態の図もご提示願います。
    • 縫込み代部分はデザイン対象外となります。

    センターフォールド加工と呼ばれる二つに折り曲げる加工の図解です。

    SC/SHC(ストレートカット)

    単にカットするだけです。綿等自然素材を織っている場合を除き、通常ヒートカットします。部分的に綿、もしくはベンベルグやシルク等を織っている場合は切り口はほつれるためEFをご検討ください。

    • (1)織巾と(2)仕上長をご指定ください。
    • 加工目印が多少残ることがあります。
    • 切り口部分に紋糸が見えることがあります。
    • 淡色のタグは溶かして切る際に色が多少つくことがあります。

    折り曲げることなくまっすぐ切るだけのカット加工の図解です。シンプルですが注意点を図示しています。

    MHF(マンハッタン折り加工)

    CFにかぶせのフタがついたような折曲加工です。表面からカット面が見えないため、既製品の後付加工等に適します。

    • (1)織巾と(2)仕上長をご指定ください。
    • 仕上げ長には縫い代を含みます。
    • 広げた状態の図もご提示願います。
    • 縫い付け時の位置はタグ上端から2~3mm程度を想定ください。

    マンハッタンフォールドと呼ばれる折り返し付二つ折曲加工の図解です。既製品のタグの付け替えに最適です。

    BC(ブックカバー折り加工)

    EF加工(両端折曲)したものをさらにCF加工(二つ折り)したものです。この加工はCF加工部分が手加工になります。 袖や裾(すそ)部分等生地の端に挟みこんで使用します。

    • (1)織巾と(2)仕上長をご指定ください。
    • 混雑状況によって納期長めに掛かる場合があります。
    • 手加工を含むため、前後の長さには若干の誤差があります。
    • 広げた状態の図もご提示願います。

    本のカバーの様に両側に折り返しの付いた二つ折曲加工の図解です。加工的にはEF+CFとなります。

    MIF(マイター折り加工)※舟形

    EFとは異なり、吊り下げ状に縫い付ける用途のタグになります。構造上、織巾の太いタグには使用できません。

    • (1)織巾と(2)仕上長をご指定ください。
    • 折り曲げ長さ及び角度は多少の誤差を生じます。
    • 一部裏面が見えますので裏糸が走る織り方の場合はそれが見えます。

    マイターフォールドと呼ばれる両端を上に折り曲げた折曲加工の図解です。レディースに特に多く見られます。

    レーザーカット

    レーザーで指定の形状にカットする手法です。三角形や星型等のほかに、ファスナー引き手に用いる等の用途にも使用可能です。

    • 織物には誤差がありますので余り細かいロゴとレーザーによるカットラインの組み合わせはお勧めできません。また、ヒートカットできない素材には使用できません。納期長めに掛かりますのでお急ぎの際はお早めにご相談くださいますようお願いいたします。
    • 織物の誤差を画像処理で認識しながらカットする方法も可能です。ただし、誤差には追随しますが織物故単純図形や直線、曲線には適さない場合があります。詳しくはお問い合わせください。

    ロール納品

    一定の巻き数でロール状にして納品する方法です。スーツ向けやサイズネーム、テープ使いする場合等に用います。

    • 織りネームは製造上、複数のラインで同時に製織を行います。その為ロールの一部に生産ロットに応じたジョイントが入ります。ベルト用やラッピング用等で「1本あたり特定の長さ以上が必要」な場合、その長さをご指示願います(長いほどロスが多くなり価格が高くなります)。

    お見積り依頼について

    お見積もりは無料です。弊社では個人様に対しても分かりやすいお見積書を発行させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。お見積もりをご依頼いただく場合、下の「織りネームの見積もりフォーム」よりお問い合わせいただくようお願いいたします。なお、弊社では見積もりをお送りした後(お客様側がお急ぎで至急確認事項を連絡する必要があるなどの場合を除き)売込み活動などは行っていません。
    お見積もりあたり下記ご了承くださいますようお願いいたします。

    • 口頭でのお見積もりは致しかねます。もし提示した場合でも、有効なお見積になりません。
    • デザインによって価格は変化致します。デザイン未定のお問い合わせは想定デザインにてお見積もり致しますがデザインによっては生産不可能な場合、または再見積もりが必要になる場合があります。
    • お見積もり記載の有効期限を過ぎた場合、再見積もりが必要になる場合があります。

    お見積もりフォーム(織りネーム)

    ※他の製品のお見積もりはそれぞれの製品のページの専用お見積もりフォームをご利用ください。
    ※ご依頼前に「特定商取引に関する法律に基づく表記」を必ずお読みください。

    ※メンテナンス中

    営業時間など

    清水ネーム株式会社 サポート事業部 営業時間 平日 9時~17:30時(土日祝日は休業となります) ※営業時間外の受付はお返事に時間が掛かる事がございます。
    ※ご来社いただける際は必ず事前にご予約をいただけますようお願いいたします。